フライヤーの注意

印刷機

活用の方法

片面印刷のフライヤーを作った場合、裏面は白紙になります。それほど値段が安かったとしても、クオリティーの低いフライヤーになってしまうのなら、お店の広告としてはプラスの効果が出るどころか、むしろお店のイメージを下げてしまいかねません。このような印刷は、小さなロット数でも可能なので、一般人がちょっとした告知にフライヤーを利用することを助けてくれます。しかし、アマチュアの劇団や学生演劇などでは、SNSでの告知も限界があり、大勢の人に情報を伝えることに苦戦していることがあります。近隣の店舗のサービス情報など、地域性の高い情報はオンラインの広告をするよりもフライヤー印刷を行う方がお勧めです。一般人でもクオリティーの高いフライヤーを作れます。1人の人が一緒に何冊買うものでもないアルバム等と比べて、フライヤー印刷は1人の人が1日2回にします。理由は、高いクオリティーで、かつ値段を非常に抑えた印刷ができることにより、フライヤー印刷のコストパフォーマンスが非常に高まるからです。これは、周辺サービスをうまく活用することで実現できます。良い映画というのは良い広告が行われているものです。例えば、高齢者の施設で行うイベントの告知を行う場合、高齢者のほとんどは、パソコンやスマートフォンを使いこなせるわけではありませんから、物理的なフライヤーを使った告知が有効になるのです。実は、ネット印刷の業者は、一般的な印刷会社と比べて小規模な単位での印刷を認めているというのが特徴なのです。