フライヤーの便利さを知る

広告

試し刷りができます

例えば、印刷会社によっては金箔を押したり、エンボス加工にしたり、変わった形にカットしたりといったサービスもできます。激安でフライヤー印刷を行うためには、スケジュールやオプション、そしてロット数が重要なカギとなってきます。激安のフライヤー印刷は、非常に便利ですが、一般的な印刷会社とは違った注意の仕方も必要です。激安のフライヤー印刷を行うときの注意点は何でしょうか。そして、余裕を持ったスケジュールという事は、入稿した印刷のデザインの確認ができることもあります。まとめてみました。このようなことを避けるために、十分な余裕を持って納期を確保し、デザインしたものを一旦印刷会社に送ってから、色の確認をするための試し刷りを求めましょう。このため、メルマガなどは、読みもしないうちに削除されてしまうことが多いようです。しかし、ネットでのフライヤー印刷はこれらの手間を省くことがコスト削減につながっているので、正しい入稿形式で入稿し、自分の思った通りのデザイン入稿する事は、入稿する側の責任になります。フライヤー印刷を行うのであれば、特別なエフェクトをつけたり、分厚い用紙に印刷したりといった余計なオプションは不要です。どうしても入稿がギリギリになってしまった場合の最終手段として、印刷されたチラシを工場に直接取りに行くという手段もあります。一般的なワードを印刷する場合には困りませんが、プロの輪転機にかけて、工場でチラシ印刷を行う場合は向いていません。